シャンプーで薄毛を予防する方法とは?

・育毛
今生えている髪の健康を保ちながら育てることを言います。

 

・発毛
新たに髪を生やすことを言います。

 

薄毛に悩む人の改善法には、この育毛と発毛の2種類の方法があります。どちらもシャンプーなどで頭皮の環境を整えることが大切です。
薄毛の予防をするシャンプーとは、頭皮の汚れは落としながらも水分や油分を与えることのできるものが理想的です。
育毛剤に含まれる主な有効成分のうち、医学的に育毛の効果が認められているものが以下の5つです。

 

フィナステリド
ミノキシジル
デュタステリド
キャピキシル
ノコギリヤシ

 

育毛シャンプーを選ぶ際には、これらの成分が含まれているか確認すると良いでしょう。

 

薄毛には頭皮環境を整えることが大切だと言いましたが、頭皮環境はどういう状態で乱れるのでしょうか。

 

・乾燥
頭皮が乾燥すると、過剰に皮脂が分泌されかゆみが発生します。これでは頭皮の環境は乱れてしまうので、頭皮にも保湿することが必要です。

 

・皮脂
皮脂は取り過ぎると乾燥を引き起こしますが、余分な皮脂が残っているとそこに汚れが付いたり、頭皮の毛穴に詰まる可能性があります。これでは健康な髪が生えてこれなくなってしまうので、必要以上に取りすぎず、かと言って残しすぎないことが大切です。

 

・正しいシャンプーの仕方
いくら薄毛に効果的な育毛シャンプーを使っていても、間違ったシャンプーの方法では意味がありません。
正しいシャンプーの仕方は、髪を濡らす前から始まっているのです。正しいシャンプーの仕方を覚えて、より効果的に薄毛を予防しましょう。

 

1.髪の汚れやもつれを取る為にブラッシングをする
2.38℃前後のぬるま湯で頭皮をマッサージするように素洗い
3.シャンプーを手に取り泡立ててから、側頭部、後頭部、頭頂部の順で頭皮の汚れを落とすイメージでマッサージしながら、3分〜5分行う
4.すすぎ残しのないように丁寧に洗い流す
5.水分をタオルに移すようにやさしくタオルドライし、ドライヤーで乾かす

 

髪を洗うときは指の腹を使って行うと頭皮に傷を付けることなく洗えます。
肌にやさしいアミノ酸シャンプーを使用すれば、必要以上に皮脂を取り除くこともなく、刺激もほとんど無いので、敏感肌の人にも安心して使えます。またアミノ酸シャンプーのやさしい洗浄力には保湿効果が期待されるので、乾燥も防いでくれます。
薄毛を予防するには、薄毛にも髪にも効果のある成分を含んだシャンプーで、正しいシャンプーの仕方を行うことが大切です。